Cities: Skylinesの新拡張「Parklife」2つのバージョン違いについて

Cities: Skylinesの新拡張「Parklife」2つのバージョン違いについて

Cities: Skylinesに遊園地や動物園といったテーマパークにフォーカスを当てる新DLC

Parklife

パラドックスフォーラム内に新しくトレイラームービーが紹介されていました。

またParklifeには1つのDLCに2つのバージョンがあるという珍しい形式になっています。

今回はそれらについて紹介していきます。

以下パラドフォーラム内の記事を意訳して紹介。

※今回のDLCはPC版でのお話となります。

Cities: Skylines Parklifeのゲームプレイ予告編

Parklifeはあなたの都市を飾るための新しい方法を提供しています!

ゲームプレイの予告編ムービーでどのような内容か詳しく見てみましょう!

パラドフォーラムの記事は以上です。

Parklife予告ムービーから見えてくるもの

1分少々のムービーでしたが、登場したのは

公園の紹介 0:00~

  • 遊園地
  • 自然公園の入り口
  • 動物園

ツールの紹介 0:17~

  • パークエリアツール(公園を範囲指定?)
  • フリースタイルの配置で公園をデザイン
  • ガイドツール
  • 公園の入場規制とポリシー設定

パーク内の遊歩 0:38~

  • カメラワークの紹介(数秒で終わったので詳細は不明)

と言った感じでした。

Parklife2つのエディションの違い

ParklifeにはDLCとしては珍しく2種類が用意されています。

Cities: Skylines – Parklife (定価1,520円)

Cities: Skylines – Parklife Plus (定価1,840円)

の2つです。

Steamでは現在この2つとも予約が始まっており、どちらも早期予約10%OFFとなっています。

SteamのCities: Skylines – Parklifeページ

※リンクカードがCities: Skylines – Parklifeに対してしか貼れないので、Cities: Skylines – Parklife Plusについてはリンク先のSteamページでご確認ください。

一番気になる2つのエディションの違いですが、

Cities: Skylines – Parklife Plus (定価1,840円)は
Cities: Skylines – Parklife (定価1,520円)に
ラジオ局の要素を追加したもの

となります。

Steamのページではイマイチこの違いの説明がわかりにくいのですが、

パラドックス公式ショップ

を見ると

このように「Country Road Radio Station」のチェックの有無が異なっていることが分かりますね。

ラジオ局の要素が必要な方はCities: Skylines – Parklife Plusを、
ラジオ内容は要らないかなぁという方はCities: Skylines – Parklifeを選択といった感じでしょうか。

 

注意したいのが、

現時点で、後からラジオ局の要素を差額で追加購入できるかは不明

です。
パラドックスのことですから、おそらく後から別途追加で買えるんじゃないか?
とは思うのですが今の所なんとも分かりません。

感想・まとめ

以上、Cities:Skylinesの新DLC、Parklifeの
トレイラームービーと2つのエディションについて簡単な紹介でした。

ParklifeはDLCにエディションを2つ設けるという珍しいスタイルになっています。

個人的にはラジオ局を最初から別売りにするか、ラジオ局込みのバージョンだけを販売するかにしたほうが
余計な混乱を招かずに良かったんじゃないか?という気がしなくもないのですが、
その辺はパラドが考える戦略なのでしょう(・_・)

案外DLCにミュージック系の要素は必要ないという声が多いのかもしれないですね。。。

 

またParklifeの情報が入ったら紹介したいと思います。

それではm(_ _)m


売れ行きも好調な、日本語対応済みPS4版はこちらです。

購入・準備カテゴリの最新記事