スポンサーリンク

Cities: Skylines Sunset Harbor 開発日記 #2b:新しい公共交通機関

更新情報

2020/3/24

初出時は今回の開発日記が#3ということでしたが、その後修正されて#2b扱いになったようです。
それに合わせて記事内の該当箇所を修正しました。


Cities: Skylinesの新DLC

Cities: Skylines Sunset Harbor

に関する開発者日記がパラドックスフォーラムに掲載されています。

今回#2bはゲームに新しく登場する公共交通機関についてです。
以下簡単に内容を見ていきたいと思います。

今回の投稿の原本となったフォーラム内のページはこちらです↓

https://forum.paradoxplaza.com/forum/index.php?threads/cities-skylines-sunset-harbor-dev-diary-2b-new-public-transport.1363136/
以下パラドックス社フォーラム内の記事を意訳して紹介します。
管理人は英語が苦手なため下記の内容が必ずしも正しい翻訳とは限りません。
誤訳・誤解釈があると思いますがご了承ください。
正確な内容の把握はパラドックスフォーラム内の原文にてご確認ください。

あいさつ

都市設計者仲間の皆さん、こんにちは!
Sunset Harbor(サンセットハーバー) DLCの新たな開発日記へようこそ。

前回の日記はトロリーバス専用のものでした。
サンセットハーバーでやってくるさらに多くの公共交通機関について触れたいと思います。

都市間バスサービス

都市間バスは、新しい外部接続を提供する公共交通サービスです。
都市間バスは観光客の移動に加えて市民の移動を容易にし、最終的には自家用車を家に置いていくことで交通量を減らします。

夜に旅をし、その先に自宅が待っているというのは何かしら感慨のあるものです。

都市間バスサービスはマイルストーン6でアンロックされますが、高速道路ではゲームの開始時から都市間バスイを見ることができます。
新しい都市間バスステーションとターミナルは、ローカルバスサービスと同じ建築メニュータブにあります。
バス停や路線を新たに作る必要はなく、都市間バスステーションやターミナルを作れば、都市間バスが頻繁に停車していることに気づくはずです。
この新サービスには、最新の都市間バス車両モデルとアップデートされた公共交通インフォビューも含まれています。
旧来のバスの予算スライダーを調整することで、人々はより多くの都市間バスを利用するようになります。

朝の都市間バスステーション

旅客ヘリコプター

次の新しい公共輸送サービスは、市民を新たな高みへと導きます。
旅客ヘリコプターは交通を完全に回避し、空を疾走し、全く新しい方法で人々をつなぎます。
このサービスはマイルストーン11(空港の手前)でアンロックされ、他の航空輸送サービスと同じ建築メニュータブを使用します。
このサービスでアンロックされる新しいアセットは、ヘリコプター車両モデル、ヘリコプター車庫、ヘリコプター発着所です。
アップデートされた公共交通インフォビューもあり、既存の航空輸送予算スライダーにヘリコプターが追加されています。
最初の旅客ヘリコプターラインを建設するには、まず最初にヘリコプターを送り出すヘリコプター基地を設置する必要があります。
次に、ヘリコプターの発着所を必要な数だけ作成し、それらを新しいヘリコプター経路ツールに接続します。
ヘリコプターは経路なしでは移動できないので、車庫を発着所の1つにつなぐのを忘れないでください!
最後に、「ヘリコプターライン」ツールを使用して、結合されたヘリコプター発着所を選択することで、ヘリコプターラインを作成できます。
また、次にお話しする新しい輸送ハブの1つには、ヘリコプターの発着所が2つあります。

ヘリコプター経路ツールを使用して旅客用ヘリコプター基地をヘリコプター発着所に接続します。

輸送ハブ

あなたの目にしていることは正しいです。そう、私たちは新しい輸送ハブをゲームに追加しています!
サンセットハーバーには合計5つの新しいハブがあります。
輸送ハブはさまざまな輸送ネットワークを相互に接続しているため、あるトランスポートタイプから別のトランスポートタイプへの変更を簡単かつ迅速に行うことができ、1つのストップから別のストップに移動する必要がありません。
新しいハブはすべて、古いハブとともに新しい建築メニュータブに追加されます。
交通ハブは、公共交通機関の停留所と同じように機能します。
交通ハブが建設され、道路、鉄道線路、または地下鉄線路に接続されている場合は、公共交通ルートを作成する際の停留所として使用できます。

鉄道と地下鉄のハブがあります!

新しいアセットの簡単な紹介を次に示します。

  • バス-都市間バスハブは、上記で紹介した新しい市内バスサービスを利用して、旧来の路線バスサービスに接続している。
    バス路線はバスのプラットフォーム上に作成でき、市民は市内バスと都市間バスを簡単に切り替えることができる。
    マイルストーン6では、このハブはアンロックされる5つのうちの最初のハブである。
  • メトロ-都市間バスハブは、都市間バスサービスと地下鉄ネットワークを組み合わせて、街中の旅行者を呼び込む。このハブはマイルストーン7でアンロックされる。
  • バス-メトロハブは、ローカルバスサービスと2つのメトロネットワークを接続する。
    市民がエスカレーターで地下鉄に降り、乗り換えながらバス乗り場に急いでいる様子が見られる。
    マイルストーン9でアンロックされる。
  • 鉄道-メトロハブは、2つの大きな駅が道路と道路に架かる橋で結ばれており、電車の乗客が地下鉄に乗り換えやすくなっている。
    でもちょっと待ってください、あれは地上の地下鉄線だろうか?
    詳細については、今後の開発者日記を参照。
    マイルストーン8でアンロックされる。
  • メトロポリタン エアポートは、これまでで最大の建物をシティーズ・スカイラインズにもたらす。
    このハブには、1つの国際空港、2つの地下鉄駅、および2つの旅客ヘリコプター用の発着パッドがまとめられている。
    この巨大な建物は、マイルストーン13でアンロックされる。

メトロポリタン空港は、世界中から市民を集めます。

これらのハブによって、私たちはすべての新しい公共交通サービスを結び付けました。
次の開発者日記では、全く異なる都市サービスに焦点を当てます。
これらの新機能を気に入っていただくことを望みます。
次に紹介する機能を楽しみにしていてください。

また次回会いましょう、都市建設者の皆さん!


今回の内容は以上です。

感想・まとめ

Cities: Skylines Sunset Harborの開発日記2b回でした。

新設の公共交通機関が追加され、それを結びつけるためのハブ機能がしっかりとゲーム内に盛り込まれるようですね。

地下鉄が地上を走るのは大阪などでもよく見られますし、それを再現するための手段もしっかりと盛り込まれるようです。
詳細はまた今後の開発者日記で出てくるようなので注目ですね。

開発日記はまだまだ続きます。次回も紹介してみたいと思います。

※時間の都合や文量の関係で毎日すぐに紹介できるかは分かりません。ご了承ください。

[画像引用元:パラドックスフォーラム内 Cities: Skylines Sunset Harbor 開発日記#2b]


売れ行きも好調な、日本語対応済みPS4版はこちらです。
※PS4版はPC版とはDLCの対応状況等が異なりますのでご注意ください。

【PS4】シティーズ:スカイライン PlayStation 4 Edition
スパイク・チュンソフト
¥4,709(2020/10/08 00:12時点)
タイトルとURLをコピーしました