Cities: Skylines Campus 開発日記 #6:無料アップデート

Cities: Skylines Campus 開発日記 #6:無料アップデート

Cities: Skylinesの新DLC

Cities: Skylines Campus

に関する開発者サイドの日記がパラドックスフォーラムに掲載されています。

今回の#6ではCampus発売に併せて無料でアップデートされる内容の紹介です。
以下簡単に内容を見ていきたいと思います。

今回の紹介記事の原本となったフォーラム内のページはこちらです↓

以下パラドックス社フォーラム内の記事を意訳して紹介します。
管理人は英語が苦手なため下記の内容が必ずしも正しい翻訳とは限りません。
誤訳・誤解釈があると思いますがご了承ください。

フォーラムの原文は改行が極端に少なく読みにくいので訳文では適宜改行処理をおこなっています。
ただしパラグラフの区分はフォーラム原文に即して統一してあります。

正確な内容の把握はパラドックスフォーラム内の原文にてご確認ください。

Cities: Skylines Campus 開発日記 #6:無料アップデート

都市計画者の皆さんこんにちは。
いつものように、大きな新しい拡張にはいくつかの無料のコンテンツも付属しています。
私たちは、図書館、バス路線のカスタマイズ、市民の役職、そして高度な教育を受けながらもその古き良き産業を取り入れたい都市を支援する新しい方針を盛り込みます。

公共図書館

図書館は楽しいです!それらは多くの目的に役立ちます。
新聞を読むためにそこに行く人もいれば、学校の仕事や趣味についての本や説明書を探す人もいます。
もちろん、新旧の楽曲でリラックスしたい人のための音楽部門もあります。
多くの図書館はまた、直近のものから古いものまで幅広い漫画を所蔵しており、入手できないために店内で見つけることができないタイトルを見つけることがあります。
公立図書館は新しい都市サービスです。
それは近隣のための娯楽と、子供、10代の若者、若い大人と大人がさらに教育されるための小さなチャンスの両方を提供します。
若い大人や大人が公立図書館に入ると、彼らが帰る際に彼らが教育レベルを取得する可能性があります。
その可能性は非常に小さいため、公立図書館が教育レベルの問題に対応する用途で都市、あるいはまだ開発の始まったばかりの街においてでさえ教育的ニーズ全体をカバーするということはできません。
そして、教育レベルが高いほど発生する可能性は小さくなります。
それでも公共図書館を建設することは、純粋な教育力では欠けているものを娯楽で補うことになるので、役に立ちます。

公共図書館

学術図書館

学術図書館は新しいユニーク建物です。
それは壮大な建物であり、その建築様式はゴシック様式とルネッサンス様式の要素を備えたフランスの新古典主義の影響を受けています。
そのコレクションは、主題、フォーマット、国境などに制限されず、普遍的であり、世界中の何百という言語の研究資料が含まれています。
学術図書館は、地方自治体のメンバーから一般の人々まで、あらゆる人生の歩みを提供しています。

学術図書館

バス路線のカスタマイズ

新機能として、バス路線で使用される車両をカスタマイズできるようになりました。
今、あなたはどんな種類の車があなたの街のバス路線を移動するかを完全に制御する機会を得ました!
そしてそれは非常に使いやすい機能です。
「Public Transport – Lines Overview」パネルを開き、カスタマイズしたい行をチェックしてから、「Model」というタイトルの下のボタンをクリックします。
ここで利用可能なモデルをスクロールして、その特定のバス路線で操作したいものを選択できます。
また、特定のバスモデルではなくランダムバスモデルを路線上で動作させるように選択することもできます(「ランダム」がデフォルト設定です)。

バス路線のカスタマイズ。路線で使用するバスモデルの種類を選択できるようになりました。各線は異なるバスモデルを持つことができます。

スクールバス

無料のコンテンツの一部として、私たちは古典的な黄色いアメリカンスタイルのスクールバスを紹介します。
スクールバスはバスモデルコレクションの一部になり、新しいバス路線のカスタマイズオプションを使用すると、ゲームの元のバスモデルの代わりに任意のバス路線で使用できます。

アメリカンスタイルを象徴するスクールバス

市民雇用の詳細

市民には役職があります。それは素晴らしいことです!
市民をクリックして市民パネルを開くと、職種を確認できます。
職場の横には現在の役職が表示されます。
私たちは、バーガージョイントからオフィスビルまで、ゲーム内のさまざまなビジネスの大部分に適した役職の選択を提供しました。

現在、市民は職場の横に役職を持っています。

しかし、もっとあります!
役職は、アセットエディタで変更できます。
役職は職場の建物に関連付けられています。
たとえば、アセットエディタに移動して、低密度の商業用建物カテゴリから店舗の建物を開くと「プロパティ」パネルの「Workers」セクションに役職を書くことができます。
ここでは教育レベルだけでなく性別でも役職を指定できます(これは、たとえば俳優や女優など、男性と女性の語形が異なる言語で特に役立ちます)。
建物の新しい役職を追加したら、カスタムアセットを保存してゲームで使用するのと同じ方法で保存できます。
そしてその建物で仕事をする市民は、建物プロパティに記載された役職を採用するでしょう。

アセットエディタで、そこで働く人々の新しい役職を追加して建物を変更できるようになりました。

Industry 4.0

産業の未来は自動化です。
新しい革命的な技術は、生産施設の労働力の性質を変え、一般的な工場労働者から高度な教育を受けた専門家へとニーズをシフトさせます。
工場は、最新の技術、ロボット、その他の人が行っていた手作業を実行するその他の機械で見直されています。
そして今、高度な教育を受けた保守要員、機械の専門家、そしてロボット技術者の必要性が劇的に高まっています。
Industry 4.0は新しい無料のポリシーです。
それは高度に教育を受けた人口を持っているが、それでも普通のゾーン産業を利用したい都市を助けるように設計されています。
結局のところ、産業は市の税金を稼ぐ原動力の一つなのです。

教育システムの更新

新しいIndustry 4.0ポリシーに加えて、無料アップデートの一部に教育システムのアップデートがあります。
これまでの教育はたとえれば「柔軟」であり、学校の年齢要件を満たしていればどの学校であっても必要な教育レベルを得ることができました。
教育を受けていない成人であれば、大学に行けば(小学校)の教育レベルを得ることができます。
また学歴が「Highly educated」ではなく「Educated」であっても、大学を卒業したとみなされます。
同様な仕組みは、高校で初等教育レベルを取得する10代の若者や若年成人にも適用されます。
その結果、プレイヤーに表示される教育情報の不一致が生じました。
例えば、大学に在籍している実際の大学生の数や卒業した実際の大学生の数は、1、2年生の大学に在籍している若者・成人も大学生・卒業生としてカウントされるため、不正確です。

教育制度「柔軟性」は、教育を受けていない成人が高校や大学で自由に「Highly educated」や「Educated」レベルの教育を受けられるようにし、結果的に教育を受けていない労働力の減少につながった「過剰教育問題」と呼ばれるものも生み出しました。
これにより、閉鎖され捨てられた多くの低熟練の仕事を持つ職場を次々結果として生じました。
なぜなら、労働力がほぼ完全に「Educated」以上のレベルであったからです。

現在では新しいアップデートによって、市民は正しい年齢で正しい学校の種類に通い、教育レベルを上げることができます。
つまり、小学校に入学していない10代の若者は高校に入学できず、高校に入学していないヤングアダルト/大人は大学に入学できません。
ティーンエージャーはもはや高校で初等教育を受けることができず、若者/成人はもはや大学で初等および/または高等教育を受けることができません。
これにより成人人口における教育レベルのよりバランスのとれた分布が確保され、またプレイヤーが市民をどのように教育したいかをより制御することができます。
これはまた、市内のさまざまな企業で異なる教育レベルの職に就く市民が増えていることを意味します。

火のふるまいのアップデート

無料アップデートでは、プレイヤーに火の拡散を止める可能性も提供します。
これは森林火災から建築火災までのあらゆる種類の火災に適用されます。
このオプションをオンにすると、ある木から別の木に火が広がらないようにすることで、大規模な森林火災を防ぎます。
また、火が木から建物へ、建物から建物へと広がることなどを防ぎます。
ただし、プレイヤーがランダム災害をオンにした場合、このオプションは無効になります。
また、ランダム災害確率を0より大きい値に設定したり、シナリオを再生したりすると、このオプションはオフになります。

火のふるまいに関するアップデートにより、パス上に配置されたParklifeとCampusの建物での火の挙動も変更されました。
通常これらの建物はロードサイドに設置されている場合にのみ発火する可能性があります。
ただし、プレイヤーがNatural Disasters DLCをインストールし、ヘリコプターのロックを解除し、ランダム災害をオンにしているかシナリオをプレイしている場合は、歩道に沿って配置された建物でも発火する可能性があります。

 

今私たちは、この一連の紹介というルートの終わりにやってきました。
私たちはキャンパスエリア、学年、学部、そしてバラエティスポーツについて話しました。
拡張に伴う新しいマップを見て、ポリシーを通してチェックしました。
クールな無料コンテンツもすべて見逃せません。
皆さんはどう思いますか?
Cities: Skylines – Campusに興奮していますか?
もうすぐリリースされる予定ですので、市の建築者の帽子を準備して、建築を始める準備をしましょう。


今回の内容は以上です。
長かったCampus関連の開発日記紹介もこれで一旦終わりのようです。

感想・まとめ

Cities: Skylines Campusの開発日記第6弾でした。

無料アップデートもなかなか強化された内容で盛りだくさんみたいですね。

6回に渡ってお届けしたCities: Skylines Campusの開発日記は今回で終わりみたいです。
一週間ほぼ毎日だったので正直書くのもかなり疲れました…( -_-)

あとはCampusの発売日を期待して待ちましょう!

※一応今回で一旦終わりだと思いますが、リリースまでにまた何か情報が入ったら紹介したいと思います。

[画像引用元:パラドックスフォーラム内 Cities: Skylines Campus 開発日記#6]


売れ行きも好調な、日本語対応済みPS4版はこちらです。
※PS4版はPC版とは異なりますのでご注意ください。

更新情報カテゴリの最新記事