Cities: Skylines Campus 開発日記 #5:マップとポリシー

Cities: Skylines Campus 開発日記 #5:マップとポリシー

Cities: Skylinesの新DLC

Cities: Skylines Campus

に関する開発者サイドの日記がパラドックスフォーラムに掲載されています。

今回は#5として新しいマップとポリシーについてです。
以下簡単に内容を見ていきたいと思います。

今回の紹介記事の原本となったフォーラム内のページはこちらです↓

以下パラドックス社フォーラム内の記事を意訳して紹介します。
管理人は英語が苦手なため下記の内容が必ずしも正しい翻訳とは限りません。
誤訳・誤解釈があると思いますがご了承ください。

フォーラムの原文は改行が極端に少なく読みにくいので訳文では適宜改行処理をおこなっています。
ただしパラグラフの区分はフォーラム原文に即して統一してあります。

今回、キャンパスポリシーの項があまりにも改行・段落分けが無くて読みにくいのでこちらで分割しました。

正確な内容の把握はパラドックスフォーラム内の原文にてご確認ください。

Cities: Skylines Campus 開発日記 #5:マップとポリシー

みなさんこんにちは。今回はCampusの拡張に伴う新しいマップとポリシーを見てみましょう。

マップ

キャンパスにはあなたがあなたの都市を築くための5つの新しい刺激的な地図があります。

Murky Coastは2つの川に分かれています。
新鮮で少し塩気のある空気が、新しく設立されたキャンパスの繁栄に必要なものなのかもしれません。
たぶんここが、Cities: Skylines Campusで最初にキャンパスが立ち上がる場所になるんじゃないでしょうか?
さあどうでしょう!

Murky Coastの地図
Murky Coast

山に囲まれ世界の他の地域からは隔離されていますが、それでも近隣の都市への適切なつながりはすべてあります。
Wolf Creekは繁栄する大学や大学の町のための避難所のように見えます。
美しい自然の景観、険しい崖、そして北欧の雰囲気が、新鮮で新しいアイデアとそれらを実行するための熱意で誰をも満たすことでしょう。

Wolf Creekの地図
Wolf Creek

Northwood Hillsは歴史を活気づけます。
興味深い地形、古い河川敷、起伏の多い丘陵地帯は、誰もがこの地域に新しい都市を建設することを困難にしていますが、これらの自然の力を利用しようとする人々に大きな可能性をもたらしています。

Northwood Hillsの地図
Northwood Hills

Marin Bayでは、外洋に通じる湾の真ん中にある島に上陸します。
島の限られた建築スペースを最大限に活用すれば、湾沿いに街を広げることができます。
南部では、比較的平坦な土地が山に向かって傾斜していますが、北部では興味深い小さな湾とその土地を分断する川に出会うでしょう。
橋は新しい郊外や商業地域を建設するときに役立ちます。

Marin Bayの地図
Marin Bay

Roslyn Peninsulaは本土から海へと突き出る大きな陸地で、まるで背骨のように北から西に山脈が広がっています。
Roslyn Peninsulaは小さいながらも緑豊かな森、ヤシの木で飾られた砂浜、そして海岸沿いには数少ない大きな島があり、街を見つけて世界的に有名なキャンパスを構築するのに最適な場所です。
熱帯の楽園で学校に行くのが好きじゃない事があるでしょうか?

Roslyn Peninsulaの地図
Roslyn Peninsula

キャンパスポリシー

キャンパスには、キャンパス固有のポリシーの集まりがあります。
これらのポリシーは様々な方法でキャンパスライフを向上させます。

健康な学生は幸せな学生です!あなたのキャンパス内の学生の世話をすることは重要です。
なぜなら学生が病気の場合、いったい誰がそれらの空想的な学術作品を作成し、あなたのキャンパスと街に名声をもたらすのでしょうか。
Student Healthcare policyは、キャンパスで勉強しているすべての学生に無料のヘルスケアを提供します。
キャンパスの維持費が少しかかりますが、生徒は夏の日のchirperの様に元気です。

学校の食料品の品質は常に議論の的となっています。
パンが多すぎる、ゴムが多いポテトが多すぎる、サラダの選択肢が十分でないなど、討論者の間では良いコンセンサスが得られていないようです。
昼食時に何が提供されているかにかかわらず、Free Lunchポリシーは誰もが無料でそれを食べるようになることを保証します!そしてなんと!(少し知られているバビロニアのことわざによると)いつもではなく満腹で勉強するほうがましです!
これらキャンパスに費用がかかることになります。しかしこれはすべてに違いを生むことができる生活の質の改善の一つとなります。

これまでに有名な学術的な考えの講義を受けたいと思ったことはありませんか。
さて、今あなた(あるいはあなたの生徒たち)にもそのチャンスがあります!
Visiting Scholars(客員研究員)というポリシーが有効である場合、キャンパスは学部で教えるために様々な分野の偉大な思想家、科学者および専門家を招きます。
これは学部が持つ街全体のボーナス効果に大きな後押しをするでしょう。
しかし反対にかなり多くの費用がかかります。誰が専門家が安いと言ったのでしょう?

そして最後に、教育の歴史の中で何よりも議論されてきたキャンパスのポリシーがあります。
あなたはそれらを敬遠しますか、それともあなたはそれを受け入れますか?
あなたはあなたの街の学生に対して最善の利益を置きますか?それとも、街の予算はあなたのものですか?
Universal Educationは負荷の高い概念です。一方で、誰もが最高の教育を受ける機会を得ます。その一方で、学生は授業料を払うことはありませんし、それは市の予算にかなり負担をかけます。
営利目的の学校とは正反対です。
幸いなことにキャンパスの拡張によって、すべての人が完全に無料で教育を受けることができるようになると同時に、キャンパスを純粋に営利目的の施設に変え、維持費全体を授業料で賄うことができるようになります。
それはあなたの選択です!あなたには力があります!

都市政策

Cities: Skylines – Campusにも都市政策が少しあります。
For-profit Education(営利目的の教育)には、市のすべての教育施設(又はその区域)が含まれます。
コストを削減し市民と負担を分かち合う必要がある場合には、このポリシーを使用します。
このポリシーを有効化している場合は、小学校でも、すべての生徒が学費を払わなければなりません!
これにより教育施設の維持費は半分に削減されますが、学生の能力は以前と同じレベルに保たれます。
しかしそれはまた市民の幸福を大きく減少させます。
新しい教育建物タイプである公立図書館を追加することで、Book Fairs(ブックフェア)を開催することができます。
ブックフェアは楽しい!新しい著者を見つけたり、良い本を買ったり、あらゆる本についての素晴らしい話を聞いたり、その本が映画版より本当に優れているかどうかを延々と議論することができます。
ブックフェアは、公共図書館の周辺地域における市民の福利と周辺地域における娯楽を増加させます。

 

あなたはどう思いますか?
あなたの街にはすでにキャンパスエリアの計画がありますか?
あなたはすでにあなたが作り上げた都市に継続して新しいキャンパスを構築するか、あなたは新しい地図を掘り下げて、あなたの次の都市のための広範囲にわたる計画で新たなスタートをするのでしょうか?
皆さんの将来の計画が何であるかを下に書き留めてください!

パラドックスフォーラムのコメント欄に書いてねということでしょう。

次回またお会いしましょう。


今回の内容は以上です。

感想・まとめ

Cities: Skylines Campusの開発日記第5弾でした。

新マップが5枚追加され、どれも個性的で面白そうですね。
でも結局センスなんですよねえ…。
どんなマップでも美しく仕上げるセンスが欲しいものです…。

開発日記はまだ次があるようです。
次回も紹介してみたいと思いますが土日でPCが触れないかもしれないので少し遅れるかもしれません。

[画像引用元:パラドックスフォーラム内 Cities: Skylines Campus 開発日記#5]


売れ行きも好調な、日本語対応済みPS4版はこちらです。
※PS4版はPC版とは異なりますのでご注意ください。

更新情報カテゴリの最新記事